マンションの購入する時の注意点とはなにか

新築と中古の違いについて

マンションを購入する時には新築マンションを購入するのか、それとも中古マンションを購入するのかで全く買い方が変わってきてしまいますね。新築マンションを購入する時には人気がある部屋はまだ出来上がる前からすでに売却済になってしまっていることが多いため、購入する場合にも間取りや完成図から判断しないといけません。これに対して中古マンションは既に出来上がっているものを購入するため現物をよく見ることが出来るというメリットがあるのですね。

新築マンションのメリットとは

新築マンションと中古マンションがある場合、7割から8割の人は新築マンションを購入しますね。その理由は、新築マンションは誰もまだ住んでいないからという理由と設備が新しいからという理由です。特に設備が新しいという点は大きなメリットになっています。例えば、防犯対策としてマンションには様々な新しい設備が施されています。犯罪も年々高度になってくるため、一昔前の防犯対策ではすでに足らなくなってしまっているのです。そこで新しいマンションの防犯対策があれば安心ということになるわけですね。

中古マンションのメリット

新築マンションは設備が新しいということがメリットに挙げられていますが、一方で中古マンションは節義は古いものの安く購入することが出来る点で有利なのです。中古マンションであれば一般家庭であれば金銭面で余裕を持って購入することができ、ローン返済中であっても無理に返済をしなくてもよいのです。耐震性が問題になるので中古マンションは避けたほうがいいと言う人もいますが、1981年6が月より前に建てられたマンションでない限り耐震性についてはそれほど心配する必要はありません。

新築マンションの購入費用は、それぞれの物件の立地や築年数、デザイン、耐久性などによっても大きく異なることが特徴です。