賃貸アパート契約をする場合に知っておきたいポイント3選

礼金と敷金とはどういうものか?

賃貸アパート暮らしをしたいと考えたら、アパートについて不動産会社の店頭やネットを見て情報を集めることになるでしょう。部屋の大きさや日当たり、家賃などの条件を比較して物件探しをするはずです。その条件の中に、礼金や敷金が書いている場合があるでしょう。礼金とは、アパートのオーナーが受け取る手数料で、賃借人に戻ってくることはありません。一方敷金は契約期間中担保として預けているイメージのお金ですので、何事もなければ契約終了時に返還されるでしょう。

駅から10分は実際にはどうなのか?

賃貸アパート物件探しにおいては、家賃や間取りと並んで重要な項目があります。それは、駅からの距離です。家賃相場は、駅から遠くなればなるほど安くなりますが、便利な生活をしたければ駅の近くの物件に住みたいと考えるでしょう。不動産の広告では、80メートルの距離を徒歩1分と表示することになっています。過少表示にならないように、80メートルに満たない距離は1分で表示します。ただ、坂道や信号待ちなどは加味されませんので、最終的には自分の足で実際に歩いて確かめることも必要かもしれません。

通常は保証人が求められる

賃貸アパートに入居する場合は、通常は保証人を求められます。審査の段階でこの保証人の審査も行われることになるでしょう。親が現役世代であれば収入があるため問題ないでしょうが、すでの親が高齢という場合は兄弟姉妹等の親族にお願いするといいでしょう。保証人がなくても入居できる物件もありますが、その分家賃が高くなっています。できれば、保証人になってくれる人を確保した上で賃貸アパート契約に臨む方がいいでしょう。

札幌はとても住みやすく、人気がある都市です。そのために、札幌の賃貸マンションならば、日々の生活がスムーズです。