賃貸で生ゴミ減へ!コンポスト容器を考えよう

温暖化防止の一つとは?

私たちの身近な温暖化防止の一つとしては、家庭から出すゴミの減量がありますよね。特に、台所から出る生ゴミを減らすようにすると、効果は大きいですよね。燃やせるゴミのうち約4割は生ゴミで、そのうちの約8割が「水分」なんだそうですね。生ゴミの水切りを十分にして水分を減らすことで、ニオイ防止とゴミ減量・二酸化炭素削減に役立ちますよ。さらに良い方法としては、「コンポスト容器」の活用ということがあるんですよね。

コンポスト容器の使い方

コンポスト容器に生ゴミ、ぬか等を交互に入れると、微生物や菌などの作用により、発酵して堆肥化するんですよね。これは有機肥料として、そのまま使えますね。庭がある人なら、庭の果樹の近くに60センチから80センチの深さの穴を掘り、コンポスト容器を設置するとよいでしょう。生ゴミと雑草や土を交互に入れ堆肥化して、ある程度の量になったなら、コンポスト容器を引き抜き、隣に新しい穴を掘って再び設置するといいですね。

賃貸に住む人のためのゴミ処理機

アパートやマンションなどの賃貸に住む人のためには、室内用生ゴミ処理機や電動生ゴミ処理機などがあるんですよね。条件を満たすと、コンポスト容器を無料で提供している自治体もあるんですよ。これらを利用して、生ゴミゼロに挑戦してみてはいかがでしょうか?人間の社会活動が原因だと言われる地球温暖化を少しでも和らげるため、子どもたちの将来へ「ツケ」を回さないようにするためにも、できることから取り組んでいくといいですね。

帯広の賃貸は物件数が多いという特徴があります。そのために、周辺環境をチェックしながら、通勤しやすい物件を選べます。