いつ行う?外壁塗装に最適なタイミングとは

外壁の塗装は最も早く劣化する

新築から年数がしばらく経つと、インテリアよりも先に外装の劣化が進んで来るのは間違いないでしょう。風雨に晒され、特に劣化し易いのはやはり外壁の塗装部分という事になります。所々に剥がれやひび割れが生じると、その隙間から水が浸入しより内部の層にまで劣化を拡大させていきます。ですが住宅外装の見栄えに直接関わってくる部位という事もあり、これらの変化は真っ先に察知し易く、対策やその為のスケジュールも立て易いという事も言えるでしょう。

出来ればリフォームと施工時期を併せて

そこでいつ外壁塗装のリカバリーを行うかですが、最もコスト的に優しいのは他の部位のリフォームと併せて行ってしまうという方法でしょう。施工業者も一つで済みますし、その費用も結果的によりリーズナブルな範囲に収まる筈です。具体的には屋根や樋、外壁そのものを構成する材の修理・リフォームと同時の施工という事となりますが、これらと一緒に施工してもらった方が塗装色の統一感といった面にも配慮してくれ、好結果が期待出来る事でしょう。

海岸地帯では防水・防錆を最優先に

冬でも温暖で温かく住環境としても大変人気の高い海岸地帯の住宅地。ここに建つ住宅は日照等でも有利な面は多いのですが、その分海風に常に晒される事により、一般の住宅よりも外壁塗装の劣化は早いペースで進むものです。その為外壁再塗装の周期はより短くなると共に、それに利用される塗料は特に防水・防錆性に優れたものを用いる必要があります。リフォーム業者に依頼するならこの条件を強調し、より良い塗料をチョイスしてもらう様にしましょう。

外壁塗装なら鎌ヶ谷で対応面に優れている業者へ依頼することで、高品質な施工だけでなく充実のアフターサービスも期待できます。